ゆうちょ銀行のATM時間・振込手数料

ゆうゆう窓口

ゆうちょ銀行のATMは、郵便局のみしか利用することができないと思い込んでいる人が少なくありませんが、実は、コンビニのATMも利用することができます。

日本郵政グループの公式ホームページを見れば、目的の地域から、ATMが設置されている郵便局やコンビニを検索することができます。

また、他の民間の銀行と同様に、資産運用や確定拠出年金はもちろん、デビットカードや、クレジットカードも発行することができます。

ここ最近の、経営努力によって、一昔前のイメージがガラっと変わり、痒いところに手が届く、気の利いたサービスを提供する銀行へと大きく進化している印象があります。

ここでは、ゆうちょ銀行のATM利用時間や振込手数料などを分かりやすく解説していきます。

ゆうちょ銀行 郵便局のATM利用時間について

ここ最近、格段に便利になった、ゆうちょ銀行ですが、郵便局内に設置されているATMは、利用時間に制限がありますので注意が必要です。

ATM利用時間は、郵便局によって異なりますが、概ね9:00から20:00までです。少々不便に感じられるかもしれませんが、郵便局の窓口業務が平日10:00から18:00までに限定されていることを考えると、ATMを利用することで、大幅に経理処理をスピードアップさせることが可能になります。

また、郵便局の窓口が休業となってしまう土曜日・日曜日でも、ATMは通常通りの営業時間ですので、平日の仕事が多忙な方でも無理なく利用することができます。

ゆうちょ銀行 コンビニのATM利用時間について

ゆうちょ銀行は、いまだに郵便局の窓口かATMでしか取り扱いができないと思っていらしゃる方が少なくありませんが、コンビニのATMも利用することができます。

利用できるコンビニは、ファミリーマートに限定されていますが、ファミリーマートは、全国展開されているコンビニですので、不自由を感じることはないでしょう。

気になるコンビニのATM利用時間は、なんと、24時間対応なのです。正確にお伝えすると、23:55から翌日の0:05まではATMを利用することができませんが、わずか10分程度ですので、実質24時間対応といっても過言ではないでしょう。

金融機関のなかでも、先進的な金融サービスを提供しているネットバンクでさえも、コンビニのATM利用時間は時間が限定されているケースがほとんどですので、ゆうちょ銀行とファミリーマートATMの提携は革新的な出来事だといえます。

ゆうちょ銀行の手数料にいて(振込手数料・引き出し手数料)

ゆうちょ銀行は、ファミリーマートATMが利用できるようになり、各段に利便性が増したのですが、1点注意しなければならないことがあります。

それは、振込手数料や引き出し手数料がかかるという点です。ファミリーマートのATMを利用すると、利用時間にかかわらず、必ず手数料が発生してしまいます。

この手数料は、下記の通り、108円以上かかるため、少額の振込や引き出しは控えた方が賢明です。

■108円の手数料がかかる時間帯
8:45~18:00(平日)
9:00~14:00(土曜日)■216円の手数料がかかる時間帯
上記時間帯以外

 

尚、郵便局のATMを利用すれば、振込手数料・引き出し手数料は発生しません。会社のお給料の振込先を、ゆうちょ銀行口座にしている人は、必ず月に1度は引き出す必要があるかと思いますが、できるだけ郵便局に設置されているATMを利用した方がよいでしょう。

コンビニATMは、どうしても現金が入用なときだけに限定して利用することで、無駄な手数料の支払いをセーブすることができます。

ちなみに、ゆうちょ銀行ATMの引き出しの限度額は1日あたり50万円となっています。日常生活では、必要十分なお金を引き出すことが可能ですが、仕事で急な資金需要が発生した際には、この限度額がネックとなってしまうかもしれませんので、ビジネスで、ゆうちょ銀行ATMを多用している人は十分に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です