クオカードについて

クオカード

クオカードの種類

皆さんは、クオカードを何かの折にもらったり、使ったりしたことはありますか?

クオカードとはお金の代わりに使えるカードのことで、いわゆる金券の一種と捉えていただくと良いでしょう。

テレホンカードにも似たサイズのカードで、お米券やビール券、図書券といった他の金券よりも使えるお店の種類も多く、様々な商品の購入に際してご利用いただけます。

クオカードのメリットは、購入した額によって数パーセント分お得になる点です。

10,000円や5,000円といった種類があり、例えば10,000円分のクオカードの場合は約2パーセント分多い金額だけ使用できます。

10,000の2パーセントは200円ですが、これを毎月1年間に換算すると2,400円に相当するのです。

お得に買い物をしたいという人は、ぜひクオカードでお買い物をしてみましょう。

クオカードの購入方法

クオカードは自分で使用するだけでなくプレゼントとして用いられることも少なくありません。

何をプレゼントしたらよいかわからないといったケースにおいて、最も外れが無いのはお金という選択肢です。

しかし露骨に紙幣を包むのは憚られるといった場合に、クオカードは重宝するのです。

購入する際は、クオカードを取り扱っているお店の店頭で購入する旨をお伝えください。

各種コンビニで取り扱っていますし、以下のURLから購入できるお店を探すことも可能です。

https://www.e-map.ne.jp/p/quoshop/

お得にクオカードを手に入れたいときは、株主優待でもらえるクオカードがおすすめです。

株券を購入しておけば定期的に入手できるので非常に便利といえます。

オークションや金券ショップでも安く売られていることがあるので、機会があったらそちらを覗いてみるとお得な値段で購入できることでしょう。

クオカードの換金

クオカードは金券の一種であり、コンビニをはじめとした多くのお店で扱っているのがポイントです。

購入できる商品についても制限が少なく、現金と同じ感覚で使用している人も少なくありません。

お金と同じ価値を持っているクオカードは、換金することで現金に姿を変えることも可能です。

クオカードの換金方法としては金券ショップでの店頭買取が一般的です。

有名な換金ショップの換金率については以下のURLからチェックしていただくと良いでしょう。

https://uridoki.net/ticket/kiji_22140/

お店の規模が大きい場合、換金率について交渉に乗ってくれるところもあります。

また金券ショップによっては郵送による換金も実施しており、こちらは店頭に出向かなくて良い一方で、送料や振込手数料が必要になる点に注意が必要です。

クオカード プレゼント

クオカードには金額による区分とカードの表側、すなわちカード部分の図柄による区分があります。

金額については原則として1万円が最大となっており、最低で300円の金額のクオカードが存在します。

因みに、フリーバリューカードというお客が金額を指定できるクオカードも存在します。

こちらは1円から額面を受け付けているのが特徴です。

プレゼントとしてクオカードを採用する際は、金額よりも表の図柄に配慮しましょう。

皆さんが自分で持ち込んだ写真をクオカードにしてもらえる「ハッピーメイドカード」や、加工した画像を図柄として使用できる「オリジナルカード」はプレゼントに最適です。

ただし、こちらは注文枚数が複数枚でなくてはいけないのでご注意ください。

以下のURLにあるデザインは、特定の店舗でのみ取り扱っている珍しい品なので、こうしたクオカードもまたプレゼントに向いているといえます。

http://www.quocard.com/design/pc_design.html

クオカードを使える店

クオカードを持っている方が一番に思い悩む問題といえば、どのお店でカードが使えるのかという点です。

クオカードを使おうとして取り出したのに、使えないといったことになっては恥ずかしいですし、持ち合わせがないときは買い物を中止せざるを得ないこともあります。

クオカードが全国のコンビニやドラッグストア、レストランといったお店だけでなく、ガソリンスタンドでも一部利用可能です。

書店やゴルフショップ、ホームセンターでも利用できることがあるので、使える店について以下のURLからチェックしてみましょう。

http://www.quocard.com/member/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です