サバゲーについて(サバゲーとは・ファースト・装備・服装・銃・女子・募集・千葉・NHK)

近年、私有地や河川敷等またはフィールドと呼ばれる有料の施設でエアガンを片手に迷彩服に身を包んだ人たちがだだっ広いその施設内を走り回るサバイバルゲーム(サバゲー)という競技が静かな人気を集めています。

この競技に参加するのは中高生や大学生などの若者ばかりではなく、20~50代の社会人、中には「定年後の趣味を見つけに来た」という年配の男性、家事や育児を離れ、ひとりで参加した女性も。

この、子供たちはおろか大人まで夢中にさせるサバゲーの魅力とは何なのでしょうか?今日はサバゲーについて解説していきます。

サバゲーとは

サバイバルゲーム(通称サバゲー)とは、主にエアソフトガンとBB弾((ビービーだん)は、球形の遊戯銃用弾丸)を使って行遊び、あるいは競技、です。20世紀以降の銃器等を用いた戦闘を模す競技で日本発祥の遊戯です。

近い形態の競技として英語圏ではエアソフト(Airsoft)と呼ばれ、アメリカ合衆国発祥のペイントボール( paintball)などと並んで、銃器等の道具を用いる遊戯や競技として楽しまれています。

ゲームの概要は、まず敵味方に分かれ、お互いを撃ち合い、弾に当たったら失格になるというのが基本的なルールです。アメリカのペイントボールが圧搾空気の力で発射される塗料入りの弾丸を使用するのに対し、日本のサバイバルゲームはBB弾を使用するエアソフトガンを用いるため、「失格の判定は競技者自身の自己申告制」「主に実銃を模した用具が使用される」という違いがあります。

サバゲーには統一されたルールは存在せず、グループや大会、フィールドごとに異なるルールが存在します。サバゲーにおけるルールは一般的に「レギュレーション」という呼称で呼ばれます。

サバゲーファースト・装備・服装・銃について

サバゲーファーストとは 装備・服装

サバゲー初心者の方は取りあえず銃とマスクの装備があれば競技を始める事は出来ます。ですが、やはり持っていないより持っていた方がよい物というのがあるわけで、これらを優先順位の高い順から「ファーストライン」「セカンドライン」「サードライン」と呼んでいます。

まずファーストラインとして必ず必要なのがベルトです。私服で参加するとしても絶対に必要です。そしてこのベルトを介して腰周りに装着する

●ダンプポーチ(ピストルが収まる物を)

●カイデックスホルスター(銃を素早く抜き挿しする為の硬い材質で出来たホルダーです)

などがあればなお良いでしょう。

ちなみに、セカンドラインは胴体につける物(ベスト、チェストリグ、プレートキャリアなど)、サードライン(バックパック、その他)を指します。

サバゲーで使うおすすめの銃

サバゲーで使う銃は、メインで使用するライフルと、セカンド(サブ)となるハンドガン(ピストル)で構成される場合が多いです。 ライフルは使わずにハンドガンだけで競技に参加する、あるいはハンドガンは持たずライフルだけで戦うということも可能ではありますが、実際の兵士をイメージするなら、この2つの銃を持つことをおすすめします。

貴女も始める?サバゲー女子

サバゲーといえば馴染みの無い方は参加メンバーは男性ばかりと思うかもしれませんが、最近では映画やアニメなどの影響もあってサバゲー女子と言う言葉が使われる程、実はサバゲーをプレイする女子が増えてきており、それに呼応してSNS等でサバゲー女子を募集してるチームも増えてきています。

また、サバゲー女子の人口が増えるに伴い、サバゲー女子会やサバコンなど、サバゲー絡みで女性の参加できるイベントも増えているようです。

サバゲー女子におすすめショップ

そんなサバゲー始めたい女子におすすめのミリタリーショップが、こちら『Concept Shop COVO』です。

このお店は『女性のためのミリタリーカスタムショップ』をショップコンセプトに掲げ、エアガン本体やアクセサリーなどサバゲー用品の販売はもちろん、ガンの調整や修理、装備の相談や果ては、オリジナルカスタムの製作まで行っています。

巷にはなかなか女性向けのミリタリーショップというのは存在しませんのでお気に入りの装備品などが見つからない方は一度行ってみてはいかがでしょう?遠方の方は通信販売も行っています。

こちらにショップ情報を記載しておきます

『Concept Shop COVO』 住所:東京都三鷹市下連雀3-17-17 スターハイツ三鷹103号 電話: 0422-26-5878 営業時間:13:00 〜 20:00 定休日:毎週火・水曜日 ※イベント時など臨時休業あり

http://covo-japan.jp/

↑       ↑       ↑
現在、営業を停止しているようです。

こちらのリンクをご利用ください(楽天市場に飛びます)。

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%B5%E3%83%90%E3%82%B2%E3%83%BC+%E5%A5%B3%E5%AD%90/

NHKでサバゲーの特集がテレビ放映されるようです

NHK総合1のドキュメント72時間で「“サバゲー”を生きる人たち」という特集が2019年6月21日(金) 22時50分~23時19分の枠で放送されます。

以下引用

千葉県の農道を抜けると、突如現れる不思議なスポット。迷彩服に身を包んだ人たちがエアガンを手に、だだっ広いフィールドを走り回る。今、競技人口が増えているというサバイバルゲーム、通称「サバゲー」だ。夢中になっているのは、子どもや若者だけではない。「定年後の趣味を見つけに来た」という年配の男性。家事や育児を離れ、ひとりで参加した女性も。大人たちを夢中にさせる理由は何なのか。

【語り】市川実日子

まとめ

さて 近年、子供はもとより大人をも巻き込んで夢中にさせるサバイバルゲームことサバゲーについて解説してきました。

サバゲーとは、主にエアソフトガン等を使い敵味方に別れ戦場を模した施設(フィールド)で競技(戦闘)を行い、弾に当たったら負けという単純なルールの競技でしたね。

それが最近では、子供や大人、さらには年配の男性や女性まで虜にしているというのが実情のようです。

もし、あなたが男性であるとしたら子供の頃一度は、兵士になり戦場を銃片手に駆け回り「戦場の英雄」となった自身の姿を時がたつのも忘れ、妄想の彼方をさすらった経験があるのではないでしょうか?

そんな子供の頃の思い出を叶えさせてくれる小さなロマンがこのサバゲーにはあるのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です