パソコンでツイキャス(TwitCasting)を楽しむ3つの方法

ニコニコ動画

ツイキャス(TwitCasting)とは誰でも簡単にライブ配信ができる配信サイトです。

気軽に動画配信ができるツールとしてツイキャスは人気ですね。

今回はパソコンでツイキャスをしてみたいという要望も多いので、そのための準備や必要な機器について解説していきます。

ツイキャスをするための準備

まず、ツイキャスを配信のために利用するには、TwitterまたはFacebookのアカウントが必要です。

アカウント取得後、ツイキャスの公式サイトを開いてください。

「ツイキャス」または「TwitCasting」で検索すれば見つかります。

必要なソフト(アプリ)はここから入手することができます。

「Live」と「Viewer」の2種類がありますが、ライブ配信を行う場合は「Live」のほうを選択します。

ツイッターまたはフェイスブックのアカウントでログインすれば登録完了。配信ができる状態になります。

スマホなら、カメラとも連動しているので、動画配信は簡単ですが、PCを使いたい人はおそらく顔出しなどはしたくないということなのでしょうね。

例えば、
ゲーム実況がしたい
自作の絵を配信したい
自作の文章を配信したい
自作の動画を配信したい
などの用途で使いたい人が多いようです。

ここからは、パソコンでどのようにツイキャスを利用し、どんなことができるのかをまとめていきます。

パソコンを使ってツイキャスでどんなことができる?

パソコンを使った配信では、パソコンの画面を配信する方法が主流です。
BGMとして音楽をつけて配信することも可能です。

ツイキャスどうやって操作すればいいの?

①ログインした画面から、【PC配信】をクリックします。

②カメラとマイクへのアクセスを尋ねられますので許可します。

③カメラの画像や動画を配信したくない場合には【ラジオ配信】をクリックしてから

④【ライブを開始】をクリックします。

(あなたの用途に応じて③は必要ないことになります。)

ツイキャスで音楽をつけたい場合は?

次に、ツイキャスで配信する際にBGMを流す方法です。

マイクの音声とパソコンの音声を同時に流す方法となりますが、この場合、ステレオミキサーを使ういます。

①パソコンのスピーカーアイコンを右クリックし『録音デバイス』をクリック。

②サウンド画面内で右クリックし『無効なデバイスの表示』をクリックし、ステレオミキサーを右クリックし有効にします。

これで、パソコンの音声と、マイクからの音声を配信することができるようになります。

例えば、カラオケをBGMに自分の歌声を披露する「歌ってみた」シリーズを配信したり、
ゲームをしながら攻略法を解説したりすることも可能ですね。

ツイキャスでウインドウズを使っているなら

あなたのパソコンがウインドウズを使っているなら、便利なツールがありましたので、紹介しておきます。

ツイキャス・デスクトップ・ライブ
という無料デスクトップキャプチャーアプリです。

残念ながらWindows専用ですが、
パソコンで見ている画面をそのままツイキャスの配信に映し出すことができます。
720p&ステレオ配信が、この無料ツールだけで完結します。

このソフトを使うと簡単にラジオ配信をすることができます。
外部マイクなしで、高音質のステレオ配信をすることも可能です。
ゲーム音とマイクそれぞれの音量を調整できるので、ゲーム実況も簡単だとのこと。

そして、初めに配信する画面を選択できるので、意図しない画面が配信されるといった事故を防止することもできるということです。

詳しくは

http://twitcasting.tv/tdl_download.php

をご覧ください。

ツイッターもツイキャスも無料で楽しめますので、とりあえずやってみるのもいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です