京都駅の構内図(JR・新幹線・地下鉄・近鉄)

丸ノ内線の路線図

京都駅は、数多くのJR在来線・新幹線が集まっています。そのため、ホームの数・連絡通路の数が多く、一度迷ってしまったら、なかなか目的地にたどり着くことができません。

また、京都の駅名は、読むのに難解な漢字の駅名が多く、観光客はとくに自分の移動ルートを間違えてしまうと、目的地にたどり着くのに必要以上の時間がかかってしまいます。

ここでは、京都駅の構内図を分かりやすく解説していますので、京都の名所巡りや観光・ビジネス目的の移動をよりスムーズに行っていただくことができます。

立体表示されている京都駅の構内図は、全体の位置関係を把握するのが少々面倒ではありますが、ぜひ、本ページを参考にし、京都の移動ルートの検討にお役立てください。

JR・新幹線の京都駅の構内図

JR・新幹線の京都駅の構内図は、地下2階から地上3階を立体イメージで捉えることができるように構成されています。

構内図を確認すると、JR在来線は地上1階ホーム、新幹線は、地上3階ホームという構造になっているのがよく分かります。

JR京都駅を利用する際に気を付けてほしいのは、新幹線と在来線の乗換ルート・時間でしょう。1階と3階にそれぞれ分かれて改札口が設置されているため、乗換のための移動時間は想像以上にかかります。

JR京都駅の新幹線の改札は、八条東口・中央口があり、それぞれ、距離が大きく離れています。そのため、目的の改札口を間違えてしまうと、駅構内で迷子になってしまいかねません。

まずは、JR京都駅の構内図でそれぞれの位置関係を把握し、また、在来線ホーム(1階)に繋がる階段の場所にも着目してください。

例えば、新幹線の中央口は、奈良線に乗り換えるのに、最も近い改札口になります。この時に誤って、八条東口から一番近い階段を利用してしまうと大変なことになってしまいます(汗)。

一度、地下1階の連絡通路まで下ってから、地上1階にある奈良線のホームに出る必要があるため、大きく遠回りしなければいけないのです。このケースの乗換時間のロスは、4分~5分にも及びます。

移動スケジュールが非常にタイトだった場合、この時間のロスは致命的ですよね・・。

JR京都駅の構内は迷路のように複雑なため、新幹線と在来線の乗換時間は、十分に余裕をもっておいた方がよいでしょう。

どうしても、乗換時間に余裕をもつことができない場合は、かならずJR京都駅の構内図を印刷して持ち歩いてください。事前に乗り換えルートに手書きで目印をつけておくと、より間違いなく移動することができるでしょう。

JR京都駅の構内図はこちら

https://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0610116

地下鉄の京都駅の構内図

地下鉄の京都駅の構内図は、地下2階から地下1階の立体図で構成されています。京都市営地下鉄のみの構内が掲載されているため、比較的見やすい構内図となっております。

五条方面に向かう電車と、九条方面に向かう電車は、それぞれ同じ階にあるため、迷う心配はなかと思います。

あえて、注意しなければいけない点をあげるとするならば、誤って、反対方面の電車に乗車してしまわないように注意することでしょう。

地下鉄の京都駅の名称は、四条駅・五条駅・九条駅・十条駅といったように似た駅名が存在します。

ビジネスや観光目的で京都駅を訪れた人は、間違いやすいので気を付けてくださいね。

地下鉄の京都駅の構内図(下の方です)

https://www2.city.kyoto.lg.jp/kotsu/tikadia/hyperdia/menu0221.htm#tab3

近鉄の京都駅の構内図

近鉄の京都駅の構内図は、地上1階から地上2階の立体図で構成れています。近鉄の京都駅のホームは、2階に集約されているため、誰でも迷わずに目的のホームにたどり着くことができるでしょう。

また、近鉄の京都駅の改札口の対面は、新幹線の改札口があります。このため、新幹線との乗換はラクです。

京都市バスのバス停も近鉄の京都駅に隣接されているため、出張や観光で京都を訪れた際は、一度は利用してみることをおすすめします。

バスであれば、京都の風情豊かな街並みを鑑賞しながら移動することができるからです。電車移動ですと、移動時間は断然速いのですが、せっかくの京都の美しい街並みを楽しむことができません。

近鉄京都駅の構内図はこちら

https://www.kintetsu.co.jp/soukatsu/kounai/kyoto.html

 

京都は数々の名所が存在しています。歴史を感じさせる寺院を鑑賞することで、自分の感性をさらに研ぎ澄ますことができます。

京都駅を訪れた際は、ぜひ、時間を作って、市街の散策を楽しんでくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です