伊勢神宮おかげ横丁マップ(食べ歩き・アクセス地図・お土産・ランチ)

伊勢神宮おかげ横丁

伊勢神宮おかげ横丁とは

おかげ横丁とは、老舗和菓子店の赤福が、伊勢神宮への観光客増加を目的に企画した飲食街です。

江戸時代の木造で建築された飲食店の街並みを忠実に再現しており、おかげ横丁に入ると、まるで江戸時代の街並みに自分が迷い込んだような錯覚をおこしてしまいます。

伊勢神宮おかげ横丁の景観は眺めているだけでもワクワクしてしまいますが、店構えや店舗の内装なども江戸時代の木造建築を内部まで忠実に再現された作りに驚いてしまいます。

ここでは、多くの人に伊勢神宮の魅力や特産品・名物の魅力を知っていただくために、伊勢神宮おかげ横丁マップをわかりやすく解説いたします。

お伊勢参りの旅行の計画をたてられた際には、ぜひ、おかげ横丁にお立ち寄りくださいね。子どもからお年寄りまで、世代を超えて楽しむことができます。みんなで食べ歩きしながらゆっくり歩いていると時間が過ぎるのを忘れてしまいますよ。(笑)

伊勢神宮おかげ横丁マップおすすめ食べ歩きメニュー

伊勢神宮おかげ横丁マップのなかでも、特に食べ歩きで人気のメニューを提供しているお店は、美杉郷 八知玉屋さんの「こんにゃくようかん」です。地域特産のこんにゃくとあんこをブレンドしてつくられたユニークな和菓子に仕上がってします。ここでしか食べることができない、貴重なスイーツです。(笑)

あんこの自然な甘さとこんにゃくのプリプリした独特の触感を楽しむことができるこの和菓子は、食べやすく、飽きがこないので、何個でも食べれてしまいそうな気がします。

実際、伊勢うどんなど、ガッツリしたランチを食べたあとに、「こんにゃくようかん」を片手に持って、伊勢神宮おかげ横丁を散歩しながら景観を楽しんでいる人が数多くいらっしゃいます。

こんにゃくが主原料となっているので、ランチで満腹になったお腹でも、スルっと食べれてしまうのが不思議です。伊勢神宮おかげ横丁マップのなかでももっとも食べ歩きに適しているメニューといっても過言ではないでしょう。

次におすすめしたいのは、赤福本店の赤福餅です。赤福は、伊勢神宮のお土産としてもはや知らない人はいないといっても過言ではないほど有名なですよね。

たっぷり餡子のなかに、もちもちした食感のお餅が入っている赤福は、日本茶とよくマッチします。

赤福餅は、それなりに食べごたえのある和菓子ですので、赤福餅を食後に食べる予定でしたら、メインの食事は腹八分目に抑えておくのがベターです。

伊勢神宮おかげ横丁へのアクセス地図

伊勢神宮おかげ横丁へのアクセスは、三重交通バスの停留所「神宮会館前」で下車するとすぐ目の前にあります。

よく最寄りの鉄道の駅はどこになりますか?という質問をいただきますが、JR伊勢市駅になります。ただ、JR伊勢市駅から伊勢神宮おかげ横丁は、かなり遠いため歩いていくのには、不便です。地図を確認しながら、徒歩で移動するというのもできなくはないですが、土地勘がない観光客は、途中で道に迷ってしまう可能性があるためあまりおすすめできません。

JR伊勢市駅のおすすめアクセス手段は、やはり路線バスを利用することです。三重交通バスを利用すれば、約20分ほどで最寄バス停留所「神宮会館前」に到着することができます。この時の交通費は、340円になります。

荷物が多い場合や、大人数(家族など)で移動する場合には、タクシーの移動がおすすめです。JR伊勢市駅からであれば、タクシーの利用料金は3000円程度ですみます。

バスの場合ですと、時刻表を気にしながら、伊勢神宮おかげ横丁を観光しなければいけませんが、タクシーでしたら、そのようなことを気にする必要はありません。

伊勢神宮おかげ横丁マップでわかる人気お土産

伊勢神宮おかげ横丁マップでわかる人気お土産は、赤福であることは間違いありませんが、定番すぎてしまうので、もっと変わったお土産を選びたいという人も少なくありません。

そんな人におすすめしたい伊勢神宮のお土産は、早和果樹園の黄金ジャムです。特産品みかんをたっぷりつかって作られているこのジャムは、たっぷりとパンに塗るのはもちろん、そのまま口に入れても、爽やかな甘みを楽しむことができます。
また、その名の通り、黄金色に輝くジャムは、美しいだけでなく、金運アップにも効果があるかもしれません(笑)。ちょっと変わった伊勢神宮のお土産を選びたい人は、ぜひ、おかげ横丁に出店している早和果樹園さんへ足を運んでみてくださいね。

 

伊勢神宮おかげ横丁マップ公式サイトはこちら
https://www.okageyokocho.co.jp/echizu/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です