博多駅わかりやすい構内図(地下鉄・JR)

鉄博多駅の構内図

博多駅の構内図

博多は、ラーメンや水炊きなどのグルメはもちろん、歴史を感じさせる寺院がいくつもある、福岡を代表する観光名所です。

また、博多は、日本を代表する通販企業が本社や支社を構えていることでも有名です。

博多駅を下車すると、多くの人が、この街特有のパワーを感じることでしょう(笑)

博多駅は、地下鉄とJRと存在しています。駅構内はそれぞれ独立した作りになっているため、初めて訪問する人は、少し戸惑うかもしれません。

ここでは、博多駅の構内図を地下鉄とJRとそれぞれ区別してわかりやすく紹介していますので、事前の移動ルートを検討するのにご利用いただければと思います。

地下鉄の博多駅の構内図

博多駅の構内図は、地下3階から地下1階で構成されています。電車乗り場ホームは、地下3階に設置されているため、利用するためには、エスカレータやエレベーターなどを利用した方が良いでしょう。
博多駅の構内は、とても綺麗に整備されており、乗車する人が安心して利用できるように配慮されています。

例えば、地下鉄 博多駅構内に設置さされているトイレは、清潔感があり、車いすを利用する人あっても、快適に利用できるように広めに設計されています。

また、地下鉄の待ち時間を快適に過ごせるように構内には、クールルームが設置されています。

このクールルームでは、真夏の暑い季節でも、冷房温度が低めに設定されているため、身体を十分にクールダウンさせることができます。

真夏でもスーツ外回りをしないといけない博多の営業マンにとっては、なくてはならない設備となっています。

地下鉄の博多駅を有効利用すると、他の交通機関よりも、移動時間を短縮することができます。例えば、天神へ移動する場合には、5分で移動可能です。これは、博多を走る交通機関のなかでも、最速クラスです。

地下鉄博多駅の構内図はこちら
https://subway.city.fukuoka.lg.jp/eki/stations/hakata_heimen.php

JR博多駅の構内図

JR博多駅の構内図は、地上1階から地上4階で構成されています。在来線の乗り場は、地上3階に設置されており、新幹線の乗り場は、地上3階に設置されています。

JR博多駅の在来線は、熊本・佐賀方面の電車と、北九州・下関方面の電車を利用することができます。

また、新幹線は、鹿児島方面と東京方面の電車を利用することができます。

このように、JR博多駅は、日本を横断する路線を幅広く利用することができるため、多くの観光客やビジネスマンが、訪問したり、乗り換えポイントとして利用しています。

JR博多駅の構内図を利用する上での注意点は、JRの駅構内では珍しく中2階が存在しているという点でしょう。この中2階は、JR博多駅に隣接している商業施設(阪急百貨店・アミュプラザ・東急プラザ・マイング)へ最短距離で移動できる出入り口が用意されているため、とても使い勝手が良いです。

頻繁にJR博多駅を利用する人であれば、構内の熟知しているため、中2階を有効活用できるのですが、初めてJR博多駅を利用する人は、構内をよく知らないために、これらの商業施設を利用する際、遠回りをしてしまっています。

ですので、JR博多駅で下車する際は、手元に構内図を用意しておくことをおすすめします。

 

JR博多駅の構内図はこちら
https://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0910127

博多駅の名物

博多駅の名物いえば、やっぱり、とんこつラーメンではないでしょうか?博多駅周辺には、大小さまざまな、ラーメンの屋台が立ち並んでいます。おそらく、ラーメンの屋台が列をつくっているのは、博多駅近郊だけではにのでしょうか?

屋台で食べるラーメンの味は、なんともいえない、情緒を感じることができます。ぜひ、博多駅で下車する機会があったら、屋台のラーメンを味わってくださいね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です