品川駅わかりやすい構内図(JR・京浜急行・京急・エキュート)

都営大江戸線の路線図

品川駅の構内図(JR)

品川駅の構内図 、JRの品川駅の構内図は、地上1階から2階の構造となっており、電車ホームは全て地上1階に設置されています。

在来線と新幹線も全て同じ1階にホームが設置されているため、構内の構造は、比較的に分かりやすいといえるでしょう。

品川駅の構内図をみると、各路線への乗換は、全て2階に設置されている連絡通路を利用できることがわかります。

また、品川駅の新幹線乗り場は、この2階に設置されている連絡通路の端(東口)になります。

そのため、品川駅中央改札からは、若干距離があります。早歩きであるいても、2分~3分かかかるでしょう。品川駅の連絡通路が混雑している時間帯だと、なかなか前に進むことができません。

在来線から新幹線への乗換は、少し余裕をもったスケジュールをたてておくことをおすすめします。

JR品川駅の構内図はこちら
https://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0460106

品川駅の構内図(京浜急行・京急)

京浜急行の品川駅の構内図は、地上2階から地上3階で構成されています。

京浜急行のホームは地上2階に設置されていて、各ホームを乗り換えるために、3階に連絡通路が設置されています。

また、JR品川駅と直結されている連絡通路がホームと同じフロア(2階)に設置されているため、京浜急行からJRにわざわざ1階におりる必要がありません。

JRと京浜急行が直結されている連絡通路は、羽田空港・横浜・三浦海岸方面の電車ホームに設置されています。

品川駅で、JRと京浜急行の乗換を予定しているのであれば、事前に構内図を確認すべきでしょう。直結されている連絡通路を事前に把握しておくことで、よりスムーズに乗り換えできます。

注意していただきたいのは、新橋・日本橋・成田空港訪問のホームからJRへ乗り換えるケースです。

このケースでは、一度、3階連絡通路を経由して、反対ホームの羽田空港・横浜・三浦海岸方面に出る必要があります。

このことは、京浜急行の品川駅の構内図を事前に確認しておかないと、なかなか理解できませんよ。初めて品川駅を利用する人は、かならずチェックしてくださいね。

京浜急行の品川駅の構内図はこちら
http://www.keikyu.co.jp/train-info/kakueki/KK01.html

品川駅の構内図(エキュート)

品川駅の構内に入っている「エキュート」は、1階から2階にかけて、話題になっているお店が出店している総合ショッピングモールです。

出店しているお店のジャンルはとても幅広いです。

お店の種類だけ簡単にまとめると、アパレル店・雑貨店・アパレル・フランス料理・寿司・本屋・和菓子屋など、実に様々なお店が営業を行っておりますl

どのお店も、こだわりを持った料理を提供しているため、常に多くの人で賑わっています。

品川駅を利用する人が、気軽に利用できるように、テイクアウトが可能なお店が多いのも嬉しいですね。

エキュートは、日常生活に利用するものでも、ちょっぴり高価で品質が高い商品を提供しているお店が多いです。

眺めているだけでも、新しい発見が見つかります。

ぜひ、品川駅を利用する際は、構内にあるエキュートでお買い物を楽しんでくださいね。

品川駅(エキュート)の構内図、ショップ一覧はこちら
https://www.ecute.jp/shinagawasouth/access

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です