大手町駅わかりやすい構内図(都営三田線・メトロ・東京駅)

丸ノ内線の路線図

大手町駅の構内図

 大手町駅は、都営三田線ととメトロ東西線・半蔵門線・千代田線・丸ノ内線が集結している巨大な地下駅です。

その構内図をみると、複雑に絡み合ったホームや連絡通路で構成されていて、まるで地下の迷宮です。初めて見る人は必ず戸惑ってしまうでしょう。

大手町駅は、丸の内近郊で働くビジネスマン・OLの足として数多くの人に利用されております。

そのため、朝のラッシュの時間帯などは、大手町の構内は、数多くの人で埋め尽くされて足の踏み場もないような状況になります。
そのような状況でも、みんなが通勤に大手町駅を利用する理由は、大手町ビルなどをはじめとしたオフィスビルに直結されている連絡通路が数多くあるからでしょう。

オフィスビルに直結している大手町駅

地上にでることなく、大手町駅構内から、自分が働くオフィスビルに直行できるため、通勤時間が短縮できることはもちろん、雨などの悪天候時でも快適に移動することができます。

このように大手町駅の構内図は、大手町周辺のビルにアクセスしやすいように配慮されて作成されていますが、初めて大手町駅を利用する人にとっては、分かりづらい構造となっています。

ここでは、都内の地下迷宮となっている大手町駅の構内図をわかりやすく解説しています。

都営三田線の大手町駅 構内図

都営三田線大手町駅の構内図は、メトロ線との乗り換えに配慮された構成になっています。都営三田線のホームへのアクセス方法が図にまとめられているのはもちろんですが、メトロ路線(東西線・半蔵門線・千代田線・丸ノ内線)への乗り換えのための連絡通路・連絡階段などが、わかりやすい立体的な構成図のなかで表現されています。

ちなみに、都営三田線とメトロ線は、同じ都内を走る地下鉄ですが、運営会社が異なります。

都営三田線の運営元=東京都交通局
メトロの運営元=東京地下鉄株式会社

ですので、それぞれ、初乗り料金が異なるのはもちろん、都営からメトロへ線の乗り換えの際には、多少の割引が適用されるものの、移動距離に対ししての料金は割高になります。

東京で地下鉄を利用する際は、できるだけ都営からメト線ロの乗り換えする移動ルートを外した方が賢明です。つまり、都営のみを利用するか、メトロ線のみを利用する移動ルートを考えた方が、結果として、運賃を安く抑えることができます。

 
都営三田線大手町駅の構内図はこちら
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/stations/otemachi.html#solid

メトロ線大手町駅の構内図

メトロ線大手町駅の構内図は、メトロ線が運営している数多くの駅の構内図と比較して、非常に複雑なものになっています。その原因は大きく2点あります。

まず1点目は、メトロ線大手町駅は、時代の流れとともに、数多くの追加工事が施工され続けてきたからです。新しい路線を大手町駅に施工される度に、地下フロアが増設され、結果として構内図が複雑になっていますのです。

そして2点目は、メトロ線の大手町駅は、東京駅の地下構内と直結されており、そのために広範囲をカバーする構内図となってしまっているのです。大手町駅の地下の構内と東京駅の地下の構内の端から端までの距離は、平均的な地下鉄の2駅程度の距離があるといっても過言ではありません。

メトロ線大手町駅の構内図は、これだけ巨大な範囲をカバーしているため、分かりづらいものになっているのです。

https://www.tokyometro.jp/station/otemachi/yardmap/index.html

大手町駅から東京駅への乗り換え

大手町駅から東京駅への乗り換えは、前述した通り、直結されている地下連絡通路を利用するのが便利です。丸ノ内線を利用すると、大手町駅から東京駅まで1駅で移動できますが、わざわざ丸ノ内線に乗車しなくても、地下通路を徒歩で移動できます。

ただし、気をつけなくてはいけないのは、東京駅へ直結する地下通路は、非常に分かりづらいという点です。大手町駅構内は、様々なオフィスビルにも直結されているため、迷路のように入り組んでいます。

ですので、大手町駅から東京駅への乗り換えを予定しているのであれば、事前に、メトロの大手町駅の構内図で、直結している地下連絡通路の位置を確認しておくことをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です