日比谷駅・有楽町駅の構内図(メトロ・有楽町線・JRの乗り換え)

都営大江戸線の路線図

東京メトロ日比谷駅・有楽町駅は、地下3階から地下1階の構造となっており、この構内で隣接している日比谷線と千代田線が乗り換え可能です。

また、日比谷駅と有楽町駅は、地下連絡通路で繋がっていますので、事実上、同一構内という構造になっております。地上にでることなく移動できるため、移動ルートを熟知していれば、非常に利便性が高い駅といえますが、一方で、出張や観光で一時的に東京メトロを利用している人からみた場合には、日比谷駅・有楽町駅の構内図は複雑怪奇とえます。

一度迷ってしまったら、同じ場所をループしてしまいますかならね。
(笑)
ここでは、わかりやすく日比谷駅・有楽町駅の構内図を解説し、みなさまのスムーズな移動を少しでも手助けしたいと思います。

日比谷駅の構内図・出口

日比谷駅は、地下3階に日比谷線ホームがあり、地下2階には千代田線ホームがあり、そして地下1階は、各路線へ移動するための連絡通路となっています。

日比谷駅は、ビジネス街のど真ん中に位置する駅のため、各出口は、大型ビルに直結されてるケースが多いです。

例えば、D2出口・D3出口は、有楽町ビル・新国際ビルに直結しています。東京メトロの地下鉄からそのままオフィスビルに移動できるので、ビジネス目的で東京出張されている方は、事前に訪問先の出口を確認しておくことをおすすめいたします。

また、日比谷駅は、ビジネスだけでなく、観光スポットも非常に多くあります。例えば、A13出口は、日生劇場や東京宝塚劇場にアクセスするのに便利です。

あまりメジャーな美術館ではないですが、出光美術館など、老舗の美術館へもアクセスすることができます。

このように日比谷駅界隈は、仕事場として、歴史ある観光エリアとして、多くの人が足を運んでいます。

日比谷は、古くからの文化に触れることができるすてきな街だと思いますので、東京出張の際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

日比谷駅の構内図はこちら
https://www.tokyometro.jp/station/hibiya/yardmap/index.html
日比谷駅の出入口・周辺地図はこちら
https://www.tokyometro.jp/station/hibiya/map/index.html

東京メトロ有楽町線 有楽町駅の構内図・出口

有楽町駅の構内図は、東京メトロ有楽町線のホームが地下3階にあり、地下1階は、日比谷駅と繋がる連絡通路になっています。

有楽町線は、東京メトロ地下鉄のなかでも、比較的、新しい部類の地下鉄になります。そのため、ほとんどの駅で、地下深くにホームが存在しています。

有楽町駅では、地下1階の連絡通路から地下3階のホームまで直結しているエスカレーターが設置されており、初めて見た人は、その高さに、驚いてしまいます。

朝の通勤ラッシュ時の有楽町駅では、このエスカレーターに数多くのビジネスマンが乗るわけですから、その景色は圧巻です。日本人の勤勉さを、リアルに実感できる現場といっても過言ではないでしょう。

有楽町駅の出口で、最も利用されているのはD5出口です。日本最大級の展示場である東京国際フォーラムへ直結されている出口だからです。

有楽町の東京国際フォーラムでは、物産展やビジネスの商材の展示などが、毎月のように行われているので、みなさんも一度は訪れたことがあるのではないのでしょうか?

次回、訪問される際には、ぜひ、有楽町駅のD5出口を利用してみてください。よりスムーズに有楽町線ホームから東京国際フォーラムへ移動できることを実感できます。

有楽町駅の構内図はこちら
https://www.tokyometro.jp/station/yurakucho/yardmap/index.html

有楽町駅の出入口・周辺地図はこちら
https://www.tokyometro.jp/station/yurakucho/map/index.html

JR有楽町駅の構内図・出口

JR有楽町駅の構内は、地上1階と地上2階で構成されています。地上1階は改札口となっていて、地上2階には、JR山手線・JR京浜東北線のホームが設置されています。

JR有楽町駅と東京メトロ有楽町駅は、直通の連絡通路はありません。それぞれが独立した構内となっていますので、JRから東京メトロへ乗り換える際は、一度、改札を出て外にでなければいけません。

尚、東京メトロへ最短で乗り換えることができる出口は、京橋口です。JR有楽町駅から東京メトロ有楽町駅へ乗り換える予定がある人は、ぜひ覚えておいてくださいね。

JR有楽町駅の構内図はこちら
http://www.jreast.co.jp/estation/stations/1617.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です