東京メトロ銀座駅の構内図(銀座線・丸ノ内線・日比谷線)

都営大江戸線の路線図

東京メトロ銀座駅界隈は、老舗デパート(銀座三越・松屋銀座)や高級ブランドショップなどはもちろん、海外からきた最新トレンドショップも立ち並ぶ、大人のための洗練された街並みになっています。

そのため、昔から買い物客の利用が多いのが銀座駅の大きな特徴といえるでしょう。
今は完全に死語となってしまいましたが、昔は銀座駅の周辺を散歩することを「銀ブラ」と読んでいた時代もありましたね。

そんな多くの人を魅了する銀座駅ですが、メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線が集結している駅構内は、他のメトロ地下鉄の駅構内と比較しても規模が大きいです。
そのため、初めてメトロ銀座駅を訪れた人は、自分が銀座のどの位置を歩いているのか、地下構内の案内図だけでは、なかなか判断できません。
そこで、ここではメトロ銀座駅の構内図をわかいやすく解説したいと思います。

銀東京メトロ銀座線座駅の構内図

東京メトロ銀座線銀座駅の構内図は、地下3階から地下1階で構成されています。この中で、銀座線ホームは、地下2階に設定されています。
銀座線の歴史は古く、東京メトロの地下鉄のなかでも最も古い路線として、多くの人に親しまれています。

その中でも、銀座線の名前の由来にもある銀座駅は、現在でも多くの通勤客や買い物客に利用されています。
銀座線の銀座駅は、前述した通り、地下2階に設置されていますが、それほど、地上との距離を感じさせません。
最寄の出口を利用するのであれば、銀座駅のホームから地上まででるのに1分かかりません。

ですので、銀座の目的地への移動は比較的スムーズに行えます。
ちなみに銀座線ホームから一番近い出口A7は銀座三越の目の前にあります。

銀座三越で買い物をするのであれば、銀座線に乗車することをおすすめします。

https://www.tokyometro.jp/station/ginza/yardmap/index.html

東京メトロ丸ノ内線銀座駅の構内図

東京メトロ丸ノ内線の銀座駅ホームは、前述した銀座線に対して、最も離れた場所に位置しています。構内図をみると、真逆の位置に設置されているのが分かります。
そのため、乗り換え移動のためには、地下1階にある直線の連絡通路を歩く必要があります。
この連絡通路は、大人の足で歩いても2分以上はかかってしまうぐらい長い直線になっています。
ですので、銀座線から丸ノ内線に乗り換える際は、時間に余裕をもった移動スケジュールにしておくのが賢明です。

この連絡通路ですが、いくつかの出口が設けられているため、うまく活用すれば、短時間で目的地にアクセス可能です。
例えば、B4出口から地上にでると銀座を象徴する並木通り沿いに出ることができますし、B2出口から地上にでると高級ブランドショップ「グッチ」の目の前にでることができます。

https://www.tokyometro.jp/station/ginza/yardmap/index.html

東京メトロ日比谷線銀座駅の構内図

東京メトロ日比谷線の銀座駅ホームは、地下3階に設置されています。構内図を見ると、銀座線と丸ノ内線のちょうど中間地点に日比谷線のホームがあることが分かります。
日比谷線ホームの北千住方面には、銀座線ホームがあり、真逆に位置する中目黒方面には丸ノ内線ホームがあります。

ですので、乗り換える際は、路線を間違えないように十分注意してください。
うっかり自分が乗るべき路線を間違えてしまうと、ホームの端から端まで移動しなくてはいけません。

https://www.tokyometro.jp/station/ginza/yardmap/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です