東急バスわかりやすいナビゲーション(路線図・時刻表・停留所・所要時間)

鉄道各社の路線図

東急バスは、目黒区を中心に、東京・神奈川など広範囲に移動することができるバスとして、多くの人に利用されています。

とくに、日本最大級のターミナル駅である渋谷から閑静な住宅地である用賀・鷺沼・あざみ野・川崎へ移動できることから、通勤・通学の足として利用されています。

東急バスは、そまざまな路線・系統が存在し、100%活用するためには、路線図を事前に確認する必要があります。しかし、多方面にわたって分岐して広がりをみせている東急バスの路線図を把握するのは容易ではありません。

ここでは、東急バス路線図の見方のポイントを詳しく解説していますので、東京・神奈川の移動ルートを検討している人は、ぜひ参考になさってください。

東急バスの路線図・停留所

東急バスの路線図は、東急バス公式ホームページに掲載されています。WEBサイトを確認するためには、Flash設定をオンにする必要があります。(オンにしなければ、路線図を確認することができません。)

Flashが組み込まれているだけあって、東急バスの路線図は、自由に縮小と拡大することが可能です。最初に表示される路線図は、東急バスの路線全域を見渡せるよに、広域を見渡せるサイズになっていますが、このサイズのままですと、底流所の名称や、地区の名称が小さすぎて確認することができません。

そこで、試していただきたいのは、東急バス路線図の右上に掲載されているマップ縮小・拡大ゲージです。このマップ縮小・拡大ゲージで拡大表示させることで、目的の停留所を探し出すことができますし、付近の情報も確認できます。

また、東急バス路線図を拡大表示させたまま、マウス操作のみで、参照エリアを移動することが可能です。

たとえば、鷺沼の停留所の近辺情報を拡大表示して確認していたとしましょう。その後、川崎の停留所までの東急バス移動ルートを確認したい場合は、東急バス沿線をそのまま辿ることで、ルートの詳細を確認することができます。

 

https://www.tokyubus.co.jp/route/route.html

アイフォンではFlash対応の東急バス路線図を見れない

アイフォンではFlash対応の東急バス路線図を見ることができません。理由は、アイフォンがFlashへの対応を見送ったからです。Flashは、Webブラウザー状で動画をスムーズにみれることができるように作られたツールの1つですが、アイフォンのセキュリティーを落としてしまうことを懸念して、この導入を見送っているという背景があります。

ですので、アイフォンから東急バス路線図を確認する際には、PDFデータをダウンロードする必要があります。ただ、アイフォンは、画面が小さいですので、細かい路線図が書き込まれているPDFデータを見るには不向きです。

外出先から東急バス路線図を確認する必要がある場合には、紙に印刷することをおすすめします。

アイフォンは、Flash対応していないことを説明いたしましたが、動画配信サービス(fuluなど)は問題なく見ることができます。動画再生という点では、まったく問題ないスマホですので、買い替える必要性はありません。

むしろ東急バス側が、はやくFlash対応以外の路線図を提供すべきでしょう。

東急バスの時刻表・所要時間

東急バスの時刻表・所要時間は、モバイル(スマホ・携帯)向けのページとPC向けのPDF版の2つのパターンがあります。

モバイル(スマホ・携帯)向けのページは、快適に閲覧できるようにテキスト表示に特化しています。ですので、停留所の時刻表のみを確認したい場合は、スマホで公式ページにアクセスすることをおすすめします。

所要時間に関しては、乗換サービスを利用することをおすすめします。各バス停の時刻表を確認し、移動ルートを考慮して、所要時間を計算するのは、非常に時間がかかるし、計算ミスがあった場合に、時間通りの目的のバス停留所までたどり着くことができなくなってしまいます。

 

https://transfer.navitime.biz/tokyubus/pc/map/Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です