梅田駅の構内図(阪急・地下鉄・御堂筋線・阪神)

都営大江戸線の路線図

阪急の梅田駅の構内図

梅田駅の構内図 阪急の梅田駅の構内図は、地上1階から地上3階で構成されています。阪急の各路線(神戸線・宝塚線・京都線)のホームは、地上3階に設定されているため、阪急電車を利用する全ての人は3階のホームに上がる必要があります。

阪急の梅田駅は、3路線のターミナル駅として機能しています。そのため、自分が乗るべき電車ホームを間違えてしまうと、目的地とは、異なる方向に移動してしまいます。

例えば、宝塚駅で下車して、宝塚歌劇団の演劇を見に行くケースでは、梅田駅から宝塚駅に移動するためには、阪急 宝塚線のホームに移動する必要があります。

しかし、間違って阪急 京都線のホームから乗車してしまった場合は、宝塚駅とは全く異なる方向の河原町駅に到着してしまいます。

このケースからわかるように、阪急の梅田駅を利用する際には、必ず構内図を確認し、自分が向かうべき電車ホームの位置を確認するようにしてください。

地下鉄 御堂筋線の梅田駅の構内図

地下鉄 御堂筋線の梅田駅の構内図は、地下1階と地上1で構成されています。地下鉄 御堂筋線は、地下1階のホームから乗車することができます。電車ホームは、新大阪方面乗り場となんば・天王寺方面乗り場があります。

誤って、異なる方面の電車に乗ってしまうと、目的地とは真逆に移動してしまうことになります。

地下鉄 御堂筋線の梅田駅の構内図そのもは、とてもシンプルな構成のため、わざわざ印刷して持ち歩く必要はないかと思います。

しかし、初めて地下鉄 御堂筋線の梅田駅を利用する人は、念のために駅ついたら、駅係員さんにから路線図をもらい、自分の目的地方面に移動することができる電車ホーム乗り場を改めて確認したほうが良いでしょう。

阪神の梅田駅の構内図

阪神の梅田駅の構内図は、地下2階から地上1階で構成されています。阪神電車のホームは、地下2階に設置されているため、乗車する人は、必ず地下2階まで下る必要があります。

阪神梅田駅の構内の特徴は、他社路線との乗換通路を確認できるということでしょう。

例えば、JR大阪駅への乗換を考えている人は、構内図を見れば、最短距離でJR大阪駅へ移動することができる乗換え通路を確認できます。

また、阪神の梅田駅の構内図は、周辺にある商業施設へのアクセスも考慮されて作られています。そのため、ディアモール大阪や、ホテルグランヴィア大阪など、観光客がよく利用する施設へ最短で行ける出口を一目で確認することができます。
このように阪神の梅田駅の構内図は、梅田・大阪へ観光で訪れる人にとって、とても利便性が高い仕上がりになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です