【湘南海岸の潮風を感じながら!】江ノ電の路線図・観光スポット(鎌倉駅・江の島駅)

江ノ電の路線図

江ノ島電鉄公式ホームページでは、江ノ電から見える美しい風景写真を掲載しており、鎌倉・湘南の四季を自宅にいながら、楽しむことができます。

交通量の増加にともない、全国的に路面電車が走るエリアは少なくなってしまいましたが、江ノ電は鎌倉・湘南エリアを代表する交通手段として、いまでは、世界的に有名な電車となっています。

湘南海岸の潮風を感じながら、江ノ電にゆられているだけで、日常の喧騒から解放されて、リフレッシュすることができるため、日本や世界からも多くの観光客が訪れています。

ここでは、鎌倉・湘南エリアの風情を感じることができる江ノ電の路線図や観光スポットを紹介しています。

江ノ電の路線図

江ノ電の路線図は、江の島電鉄株式会社の公式ホームページで確認することができます。わかりやすいイラストで藤沢駅から鎌倉駅の路線図を確認できます。

江ノ電は、他の路線との乗り入れ駅などもないため、だれでも分かりやすい路線図になっています。

観光目的で江ノ電の路線図を確認する人に配慮しているせいか、湘南海岸や鎌倉大仏など、江ノ電の観光スポットをわかりやすすくイラスト化しているので、見ているだけで楽しくなってきます。

また、江ノ電路線図ページからは、時刻表や所要時間もかんたんに確認できます。鎌倉の観光名所めぐりをする際に、事前に確認しておけば、スムーズな移動できるルートを検討できます。

江 ノ島電鉄の路線図はこちら

http://www.kcn-net.org/access_guide/enoden.htm

江ノ電バスの路線図

江ノ電バスの路線図を公式サイトで確認する際、注意すべき点が2点あります。それは、路線図マップが2つに分割されているということです。

「横浜エリア」「湘南エリア」に分かれていますので、確認したい路線図エリアを正しく選択しないと、目的の駅ルートを確認することができません。

ちなみに、江ノ電バスで江の島に向かうための路線図は、湘南エリアになりますので、お間違いなく。

江ノ電バスの路線図はこちら

https://www.enoden.co.jp/bus/regular/

「横浜エリア」「湘南エリア」の確認はこちら

https://www.enoden.co.jp/bus/regular/route-map/

江ノ電の観光スポット 鎌倉駅

鎌倉は、武家の古都といわれており、歴史がある街です。観光スポットは、いくつもありますが、とくにおすすめしたいのは、お寺巡りです。鎌倉には、歴史あるお寺が数多く存在します。それぞれのお寺では、座禅や写経などを体験できます。
鎌倉の観光客を対象にしているものですので、だれでも理解できるように丁寧に説明してくれます。座禅や写経は、昔からお寺の修行僧が取り組んできた修行の1つであり、人々の心を落ち着かせる作用があります。

現代社会は、PCやスマホの発達にともなって、情報伝達のスピードがはやくなり、一見すると便利になったかのように見えますが、そこで働く我々は、ストレスを感じています。

もちろん、人によっては、ストレスを受けていないと言う人もいるかもしれませんが、そのような人でも、無意識レベルでストレスを感じていることが多いものです。

このようなストレスを解放するために、IT企業を代表するGoogleでも積極的に社員に瞑想することを推奨しています。

鎌倉の由緒あるお寺で、座禅や写経を通じて、自分自身の心を見つめなおすことは、本来の自分の「生き方」を取り戻す効果的な方法の1つです。ぜひ、鎌倉にいったら体験してみてくださいね。

江ノ電の観光スポット 江の島駅近くの名所「鎌倉大仏」

江の島駅の近くの観光スポットとして最も有名なのは、「鎌倉大仏」で有名な高徳院(こうとくいん)でしょう。

高徳院(こうとくいん)へのアクセスは、江ノ電の長谷駅で下車し、ゆっくり歩いて約7分から8程度の場所にあります。緑豊かな場所に立地する鎌倉の高徳院(こうとくいん)は、歩いているだけで、リラックスできるのはもちろん、日本の四季の美しさを体感できます。

高徳院内に設置されている「鎌倉大仏」は、見る人全てを思わず息をのんでしまうぐらい迫力がある大仏です。

その圧倒的な大きさの「鎌倉大仏」の前にたつと、自分という人間がいかに小さな存在であるかを思い知らされます。鎌倉大仏の半眼のおだやかな表情をみていると、日頃の喧騒を忘れさせる静けさを感じますし、今まで抱いていた自分の悩みや悲しみといった感情がとても小さなものだったことに気づかされます。

高徳院のホームページはこちら

http://www.kotoku-in.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です