立川駅の構内図(JR・南武線・エキュート・店)

丸ノ内線の路線図

JR立川駅の構内図(南武線)

JR立川駅の構内図の地上1から地上2階で構成されています。地上1階には、青梅線・五日市線・中央線・南武線などの電車ホームがすべて集約されています。

また、JR立川駅の南口からは多摩モノレールへの乗り換え連絡通路があり、北口は、バス乗り場へ直結している連絡通路が設置されています。

そのため、JR立川駅は、乗換の利便性がとてもたかく、乗換目的で利用する人も少なくありません。

JR立川駅の構内図を確認する際に、最も注意したい点は、改札です。東改札と西改札があり、構内図を見ると、互いに向かい合うよう設置されているため、それぞれの距離はとても近いと感じるでしょう。

そのため、JR立川駅で、待ち合わせをする際に、なにも考えずに「改札口をでたところで」と約束してしまう人が少なくありません。

しかし、JR立川駅の実際の駅構内は、非常に規模が大きく東改札と西改札は構内図の見た目以上に離れています。

また、利用者・乗客の往来が激しいため、改札口前という曖昧な約束では、約束時間までに、お互いを見つけ出すことができません。

ですので、JR立川駅で待ち合わせをする際には、東改札か西改札のどちらかをピンポイントで指示するようにしてくださいね。

立川駅の構内にあるお店(立ち食い蕎麦)

立川駅の構内にあるお店のなかでも、最も人気があるのは、奥多摩蕎麦(清流蕎麦)という店名の立ち食い蕎麦でしょう。

このお店は、立川駅構内の南武線ホーム・青梅線ホームにあります。

通常の立ち食い蕎麦のお店とは、異なり、とてもユニークなメニューが数多くありますが、その中でもとくに人気なのは、「おでん蕎麦」でしょう。

おでんの具材が蕎麦の中に入っていて、とてもボリュームがあります。おでんの具在と、蕎麦のつゆが本当によくマッチしていて美味しいため数多くのファンがいます。

ファンのなかには、立川駅近郊まで用事あって来たら、わざわざ駅構内に入って、この「おでん蕎麦」を食べる人もいるようです。

最近は、フランチャイズ・チェーン店の進出で、お蕎麦に限らず、ハンバーグ・ステーキ・パスタなどの外食を気軽に楽しめるようになりました。

しかし、その反面、外食の味が均一化される傾向にあり、地域の特性を生かしたお店独自の工夫が薄れてしまています。

そういう意味で考えると、立川駅構内にある奥多摩蕎麦(清流蕎麦)が、長年多くの人に愛され続けている理由がよく分かりますよね。(笑)

立川駅の構内図(ルミネ・エキュート)

立川駅の構内図をみると、一際目立つ商業施設をみつけることができます。それが、ルミネとエキュートです。

ルミネは、立川駅の北口に隣接しています。駅構内に隣接する大型ショッピングモールとして、多くの人から利用されているので、知らない人はいないといっても過言ではありません。

ルミネの特徴は、ショッピングモールのメインがアパレル店舗で占められていることでしょう。時代の流れにあったファッションアイテムを扱う店舗が全て揃っているので、短時間で効率的に買い物を楽しむことができます。

エキュートは、飲食店がメインのショッピングモールとなっています。立川駅の構内(改札内)から利用することができるため、飲食をメインとした店舗構成にすることで、仕事帰りの人達の晩御飯のニーズを上手に獲得しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です