香典の金額相場・書き方解説(親戚・友人・友人の親・嫁の親)

香典の金額相場

香典の金額相場をわかりやすく解説

香典の金額相場は、ちょっと複雑です。といいますのも、あなたと亡くなった方との関係性によって、金額相場が大きくことなってくるからです。

香典に包む金額によっては、社会常識を疑われてしまうケースもあるようです。とくに注意したいのは、親戚関係ですね。

噂になりやすいので、親戚の方の通夜に参加される際は、香典の金額はもちろん、服装やマナーにも十分に配慮したほうがよいでしょう。

服装やマナーについては、周りの人に聞きやすいですが、金額相場については、なかなか聞きづらいかと思います。

そこで、ここでは香典の金額や書き方についてを詳しく解説いたします。

親戚が亡くなった場合の香典の金額相場

親戚が亡くなった場合の金額相場は、あなたの年齢によって、変わってきます。もし、あなたが20代であれば金額相場は3千円から6千円となります。

30代であれば、3千円から3万円。40代以降では、3千円から5万円が常識的な金額相場となってきます。

この相場をご覧になられた方は、もうご理解いただいたかと思いますが、どの年齢でも、最低金額が3千円になっています。これはどういうことかと言いますと、あなたとお亡くなりになられた親戚の間柄によって、金額が変わってくることを意味しています。

そこまで親しくない間柄の場合では、香典に包む金額は3千円で問題ないでしょう。しかし、親しい間柄のケースでは、年齢に応じて、包む金額を慎重に検討する必要があります。

例えば、子どもの時に合っていたが、大人になってからは疎遠になっていた親戚の香典の金額は3千円が妥当でしょう。

お正月・お盆などで年に数回お会いしている親戚の場合には、香典の金額は6千円以上包むことをおすすめします。

友人が亡くなった場合の香典の金額相場

友人が亡くなった場合は、3千円から1万円を香典に包むことが平均的です。もちろん、ご友人との関係によっては、1万円以上包むことも問題ありません。

例えば、学生時代の親友が亡くなられた場合では、香典の金額は、3万円を包んでもおかしくないでしょう。

また、同じサークル(趣味仲間)の友達が亡くなられた場合は、気持ちとして、香典には3千円を包むことが一般的です。こ

仕事や家庭の事情で、通夜に参加できないメンバーもいらっしゃるかと思いますので、サークル(趣味仲間)単位で、香典をまとめてお渡しするという方法も検討してみてくださいね。

友人の親が亡くなった場合の香典の金額相場

友人の親が亡くなった場合は、3千円から5千円を香典い包むことが常識とされています。友人の親と面識がない場合は、3千円で問題ないでしょう。

友人の親とも親交が深かった場合には、5千円を超える金額を香典に包むことも許容されるかと思います。
ただ、常識からかけ離れた多すぎる金額を香典に包むと、友人から必要以上に気を使われてしまいますので、適切な金額におさまるように配慮することが大切かと思います。

嫁・夫(義理)の親が亡くなった場合の香典の金額相場

義理の親が亡くなった場合の香典の金額は、伴侶とよく相談をされてから決めるべきだと思います。一般的な相場は、3万円から6万円程度といわれていますが、その家族の慣習などをしっかり考慮する必要があります。

たとえば、代々、会社経営を続けてきた家族にたいして香典を用意する際には、一般的な相場を参考にしてはいけません。経営されてきた会社の規模にもよりますが、親族も役員で、家族ぐるみで一体となって会社経営の舵取りをしてきた場合には、30万円以上の香典を渡すこともめずらしくありません。

義理の親が一般的な会社員で、周りの親族も会社員のケースでは、香典の金額は3万円を包んでおけば十分といえるでしょう。

香典の書き方(住所・金額の書き方)

香典を書く際に、住所や金額の書き方が分からずに、困惑してしまう人が少なくありません。

まず、香典の住所の書き方ですが、必ず中袋の裏面に書くということがポイントになります。ハガキを書く際に差出人の住所を記載する方法と同じ要領で、中袋の裏面に住所と名前を縦書きで記載します。

この際に注意したいのは、香典袋に直接記入しないということです。中袋に記載するようにしてください。

また、香典の金額の書き方は、基本的には漢字で記載します。どうしても不安だという人は、数字で金額を書いても問題ありませんが、古い慣習としては、漢字で金額を記載することが正しいとされています。

ただ、時代の流れとともに、さまざまな文化や慣習は変化しますので、今後は、香典の金額は数字で書くことが一般的になるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です